トップに
戻る
Close up Interview 大山悠輔

(月刊タイガース9月号より抜粋)

打てば勝つ

―大山選手はここまで四番に定着して、その責務を果たせていると思いますが、自分で思い通りにできている部分と思うようにできていない部分は、どういうところでしょう?

 今はまだまだだな、と思う部分がほとんどですね。やっぱり打てば勝つことができる、打てなければ負けるっていうポジションにいますから、そういうことを考えるとまだまだ、全然思うようにはできていないですね。


―昨シーズンが終わった後、「すべての面でレベルアップしないといけない」と。そこで改めて秋季キャンプから取り組んできたわけですが、その取り組んできたことの成果を今シーズンで感じられる部分はありますか?

 いや、まだまだですね。それもやっぱりシーズンが終わってから振り返ってどうだったかというところだと思うので、今は一試合一試合、一打席一打席どう取り組むか、どういうふうに仕事をするかっていうことだけですね。それで一年が終わってどれだけできたか。終わった時にまた新たな課題も出てくると思うので、そういうところをつぶしていく。そういうことが毎年毎年続いていって、それで成長できればと思います。

―残りのシーズンは三分の二、これからが正念場になりますが、どういうことを一番に考えて臨んでいきますか?

 残りは三分の二ですけど、大事なのは先を見るのではなくてまずは目の前の一試合、今日の一試合を全力でやっていくことだと思います。目の前のことをしっかりやるっていうことを常に心がけてやっています。その結果、最後終わった時にどうだったか、ということを楽しみに、それがいい結果になるように、頑張りたいと思います。





このインタビューの完全版は、
月刊タイガース9月号P4〜P9をチェック!

月刊タイガース今月号

月刊タイガース9月号

9月1日発売
定価550円(税込)